血糖値対策で注目される菊芋の天然インスリン効果

血糖値を下げるために、菊芋の持つ天然インスリン効果が注目されています。

 

菊芋(きくいも)

菊芋(きくいも)は、名前の通りキク科に属する多年草です。塊根という、芋状にふくらんだ根を張ることが特徴で、栄養分に富むことから、食用に栽培されています。

 

名前には芋が付いていますがデンプンはほとんど含まず、イヌリンを主とする食物繊維を多く含みます。このイヌリンが菊芋の効果のカギとなる成分なのです。

 

血糖値とは

血糖値(けっとうち)とは、血液中のグルコース(ブドウ糖)の濃度のことです。空腹時血糖値はおよそ80〜100mg/dL程度が正常値とされています。

 

血液中のグルコース(ブドウ糖)は、身体を動かすエネルギー源として重要ですが、濃度が高すぎると、糖化反応を起こして、体内の微小血管を徐々に破壊してしまいます。

 

糖尿病とは

血糖値が高すぎる場合、人間の身体は膵臓からインスリンを分泌します。インスリンが分泌されると、様々な臓器にグルコース(ブドウ糖)を取り込んだり、肝臓や筋肉でグルコース(ブドウ糖)からグリコーゲン(貯蔵糖)を合成するのを促進して、血糖値を下げて行きます。

 

ところが、慢性的に血糖値が高い状態が続くと、インスリンの分泌量が不足してきたリ、インスリンが分泌されても上手く働くことができなくなってきます。これが糖尿病と言う状態で、身体の様々な機能が徐々に失われて行き、寿命にも大きく影響を与えます。

 

イヌリンの効果

菊芋の主成分、イヌリンは、人間の消化酵素では消化できず、分解されてもフルクトース(果糖)になるだけで、イヌリン自体を摂取しても血糖値を上げることはありません。

 

その一方で、イヌリンには腸が糖質を吸収するのを阻害する働きがあり、血糖値の上昇を抑える効果を発揮します。このためイヌリンは『天然インスリン』と呼ばれていて、血糖値対策、血糖値の上昇を抑える働きをする食品として非常に注目されています。

 

参照元:厚生労働省 e-ヘルスネット『血糖値

 

菊芋サプリメントの比較表

血糖値を下げるための補助食品として、天然インスリンとも呼ばれる『イヌリン』を配合したサプリメントが、続々と登場しています。

 

全ての製品で、イヌリンを多く含んだ菊芋を原料としていることから、『菊芋サプリ』と呼ばれるようになってきています。

 

菊芋サプリメントの代表的な製品を比較表にまとめてみました。
(これ以降の価格表記は全て税込み表記です)

 

項目 ルックルックイヌリンプラス 大子町の紅菊姫パウダー 金の菊芋
製品画像

ルックルックイヌリンプラス

大子町の紅菊姫パウダー

金の菊芋

有効成分(主) イヌリン イヌリン イヌリン
有効成分(副) サラシア

桑葉
ビフィズス菌
その他

サポニン

ペクチン
セレン
亜鉛
ビタミンB群
その他

明記無し
イヌリン配合量 41.85g(1袋) 明記無し 明記無し
内容量 55.8g

(300mgx186粒)

90g

(3gx30包)

50g

(250mgx200粒)

形状 錠剤 パウダー 錠剤
初回価格 2,980円 3,218円 1,058円
継続価格 4,276円 4,298円 3,456円
休止・解約 いつでもOK 3回(3か月)購入後 いつでもOK
返品返金 8日以内 7日以内 30日間全額返金保証
製造品質 GMP認定工場 明記無し 明記無し
製造販売元 株式会社ルックルック 株式会社ippindo 株式会社グランデ
公式サイト

 

それぞれの項目で、最も優れているものに印を付けています。こうして一覧してみると、それぞれの製品の傾向が良く分かります。

 

『ルックルックイヌリンプラス』は、有効成分の記載も明確で、イヌリンの配合量も明記してあり、厚生労働省に認可されたGMP取得工場で製造されていることなど、非常に安心感が高いものです。

 

『大子町の紅菊姫パウダー』は、有効成分は明確に記載されていますが、イヌリンの配合量が明確ではありません。その一方、パウダー状なのが特徴で、内容量が最も多く重量(g)当たり価格では最安値です。

 

『金の菊芋』は、初回お試し特価で提供され、休止・解約も自由、さらに30日間の全額返金保証が付くなど、とても買い易い製品です。一方、有効成分などについては多くが明確でないのは残念です。

 

菊芋サプリメントのランキング

ルックルックイヌリンプラス

ルックルックイヌリンプラス

『ルックルックイヌリンプラス』は、株式会社ルックルックが製造販売する菊芋サプリメントです。

 

菊芋サプリメントのなかで唯一、有効成分イヌリンの配合量を明確に示していて、非常に信頼性が高い製品です。

 

イヌリンの配合量は、1日の推奨量6粒に1,350mgで、一か月分1袋では41.85gとなります。内容量が55.8gですから、イヌリンの配合割合は75%非常に品質が高いことも分かります。

 

価格的には平均的ですが、お得に継続購入できる定期コースでも、休止・解約はいつでもOKなので安心です。購入義務回数の縛りなどは一切ありません。

 

『ルックルックイヌリンプラス』は、非常に納得感、安心感が高い商品です。毎日飲み続けるものですから、これは最も重要な要素と考え、総合的に第1位としました。

 

大子町の紅菊姫パウダー

大子町の紅菊姫パウダー

『大子町の紅菊姫パウダー』は、株式会社ippindoが製造販売する菊芋サプリメントです。

 

茨城大学農学部と、奥久慈農園の共同研究で開発されたもので、菊芋のなかでも特にイヌリン含有量が多い紅菊芋を原料としていることが特徴です。

 

パウダー状なので、さまざまな料理に混ぜて使用することもできます。公式サイトでは、紅菊姫パウダーを活用した料理も紹介されています。

 

内容量が90gと一番多く、重量当たり単価は最安値になりますが、イヌリンの配合量を明確にしていないのは残念な点です。一般的に、菊芋のイヌリン配合割合は60%程度と言われていますので、50g強のイヌリンが配合されていると推測されますが、確実なデータではありません。

 

お得に継続購入できる定期コースの場合、休止・解約できるまでには、3回(3か月)の購入義務があるなど、購入のハードルも若干高く、総合的に第2位としました。

 

金の菊芋

金の菊芋

『金の菊芋』は、株式会社グランデが製造販売する菊芋サプリメントです。

 

熊本県の阿蘇で育てた、農薬不使用の菊芋を100%使用していて、98%が菊芋で出来ていることが特徴です。

 

要するに、良くも悪くも、菊芋を乾燥させて粒状に固めただけのシンプルな製品と考えて良いです。

 

 

有効成分についての表記もシンプルで、公式サイトやパッケージからはイヌリンの配合量は分かりません。一般的に、菊芋のイヌリン配合割合は60%程度と言われていますので、30g程度のイヌリンが配合されていると推測されますが、確実なデータではありません。

 

初回特価が提供されて、30日間の全額返金保証も付くなど、とても買い易くハードルが低いことはプラス評価できます。納得感、安心感という点で、消化不良の感は否めず、総合的に第3位としました。

 

 

菊芋サプリメントなら『ルックルックイヌリンプラス』がオススメ

健康診断の結果なので、血糖値が気になってはいるけれど、糖尿病の治療を受けるほどではないという人には、菊芋サプリメントはとても有効な血糖値対策となり得ます。

 

菊芋に含まれるイヌリンは、腸が糖質を吸収するのを効果的にブロックしてくれます。結果的に血糖値を下げる効果があり、天然インスリンとも呼ばれているものです。

 

菊芋サプリメントを選ぶなら、『ルックルックイヌリンプラス』が第一候補になるでしょう。イヌリンだけでなく、水溶性食物繊維の含有量が46,000mgも含まれていて、血糖値対策サプリのなかでもトップクラスです。

 

何よりも『ルックルックイヌリンプラス』には、有効成分イヌリンの配合量がしっかり明示されていて、非常に納得感、安心感が高いサプリです。

 

菊芋サプリメントなら『ルックルックイヌリンプラス』を第一にオススメします!